ここから本文です

レドックスとは?

質問者 先生、レドックスってなんですか?
博士 レドックスとは、電子というボールのキャッチボールだよ。
質問者 キャッチボール?!
博士 そうそう、ボールを受け取った方が還元(Reduction)された方、投げた方が酸化(Oxidation)された方。合わせて、レドックス(Redox)。
酸化と還元のキャッチボール
私達の体の中では、色んなところで、このキャッチボールをしてるんだよ。例えば、みんなが活動する時に必要な、ATP(アデノシン三リン酸)を作る時もレドックス反応が起こってるんだよ。
質問者 へぇ~。レドックスって大切なんだね。
でも、どうしてそれが、病気と関係あるの?
博士 キャッチボールをしていると、たまにボールを落としちゃったりするだろう?そんな時、レドックスのキャッチボールでは、「フリーラジカル」や「活性酸素」というものが出来ちゃうのだ。これらは、体の中の色んな物と反応して、傷つけちゃうんだよ。
悪玉チーム対お掃除隊
私達の体は、「フリーラジカル」や「活性酸素」を掃除する仕組みがあるのだけど、ストレスや不規則な生活習慣なんかで、掃除が間に合わないと、病気になっちゃうのだ。
レドックスナビ研究拠点では、フリーラジカルをより早く見つける方法や、傷つけられたところを治したりする方法について研究しているのだよ。
質問者 とってもよく分かりました。ありがとうございました。