ここから本文です
レドックスイメージンググループお知らせ

「薬学雑誌」生体内因分子を用いたレドックスイメージング法の総説

昨年度の日本薬学会第135年回のシンポジウムでの兵藤准教授の講演内容をまとめた総説を薬学雑誌の誌上シンポジウムにて報告しました。