ここから本文です
レドックスイメージンググループお知らせ

産学産連携研究「世界最小クラスのプローブ型共焦点内視鏡開発」

レドックスイメージンググループでは協働企業の富士電機株式会社と内視鏡グループ、HOYA株式会社との産学産連携研究において、富士電機株式会社の持つMEMS技術を導入した世界最小クラスのプローブ型共焦点内視鏡開発を進めています。昨年度までに2倍スケールの試作機が完成し、がん組織を用いた検討に展開しています。現在は内視鏡の鉗子チャンネルに実装可能なプロトタイプ機の開発を目指して研究を進めています。