ここから本文です
レドックスイメージンググループお知らせ

BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学学会大会合同大会)ワークショップにてイメージンググループの最新の成果を報告します。

第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学学会大会合同大会(BMB2015)のワークショップにて兵藤准教授がイメージンググループの最新の成果を報告します。

BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学学会大会 合同大会 http://www.aeplan.co.jp/bmb2015/)のワークショップ「NADFADの分子生物学:水溶性ビタミンの多面的理解に向けて」で講演しました。

ワークショップ:1W7-p NADFADの分子生物学:水溶性ビタミンの多面的理解に向けて」

NADFADの分子生物学:水溶性ビタミンの多面的理解に向けて

オーガナイザー:中畑 泰和(奈良先端科学技術大学院大学) / 日野 信次朗(熊本大学)

水溶性ビタミン研究は生化学や代謝生理学の発展に多大な貢献を果たしてきた。近年、分子生物学的アプローチにより栄養素や代謝産物が様々な生物学的局面で重要な役割を果たしていることがわかりつつあり、水溶性ビタミン研究も新たな時代を迎えている。本ワークショップでは、ナイアシン及びリボフラビンからそれぞれ生合成されるNAD及びFADに焦点を当て、細胞内動態、遺伝子制御やタンパク質機能制御等について最新の研究動向を紹介する。水溶性ビタミンの多面的な理解を通して、生化学と分子細胞生物学の融合について考える場を提供したい。

講演日時:121日(火) 14:00 – 16:30

講演会場:神戸ポートピアホテル:本館地下1階 布引(第7会場)