ここから本文です

生体レドックス内視鏡グループ

本ロボットシステムは、病変部のレドックス反応を画像化し位置を特定するための ①ESRコイルスキャンロボット と、特定された病変部に局所治療を行う、②MR対応穿刺ロボット ③双腕内視鏡ロボット の3つによって構成される。MR対応穿刺ロボットと双腕内視鏡ロボットは、マスタ・スレーブ制御方式となっており、医師の遠隔操作によって医師の判断の下治療を行うことが可能である。

生体レドックス内視鏡グループからのお知らせ

現在、お知らせはありません。