ここから本文です

先端がん診断・創薬グループ

がんの発症、進展、治療のあらゆる局面において、レドックス反応が深く関わっています。そのため、がんにおけるレドックス反応を理解し制御することは、がんの効果的な治療につながると期待されています。先端がん診断・創薬グループでは、九州大学消化器・総合外科 前原喜彦教授をグループ長に、日々の外科診療と基礎医学研究とを有機的に融合させることにより、特に抗がん剤の作用機序解明と新たながん治療法の開発を目指して、研究を推進しています。