ここから本文です
生体レドックス画像解析グループお知らせ

超高感度MRI造影剤につながる基本分子骨格の開発に成功しました

生体レドックス画像解析グループの山東信介教授らの研究グループは、核スピン科学をもとに数千倍の超高感度化状態を長時間維持できる高感度造影剤の基本骨格を開発しました。この骨格から、重要な生体分子であるカルシウムイオンや酵素、活性酸素種を高感度検出できる高感度MRI造影剤を設計し、体外での実証実験に成功しました。体を傷つけずに体内の分子の活動を画像化することができるMRIは、医療、また、基礎研究に幅広く応用されています。
しかしながら、その感度は低く、MRI造影剤を用いたとしても、体内に大量に存在する水や限られた生体分子以外の検出は困難でした。今回の結果は、将来的な目標である体の中の様々な生体分子活動の観測に道を開く重要な成果です。

本研究成果は、国際学術誌Nature姉妹誌のオンラインジャーナル『Nature Communications』に掲載されました。

(九州大学プレスリリースはこちら)