ここから本文です

「先端融合医療レドックスナビ研究拠点 成果報告会」開催のお知らせ

本拠点は、文部科学省イノベーションシステム整備事業「先端融合領域イノベーション創出拠点形成プ ログラム」のご支援を受け、生体現象のセントラルドグマ的なレドックス(酸化・還元)反応の異常を非侵襲的に見出し、レドックス異常に関連して生じる生活習慣病や癌等の疾病に対する新しい診断・治療法を開発し、さらには、その成果を広く社会に還元することを目指して、大学と企業が協働して研究を進めてまいりました。本プログラムは10年間に亘るもので、今年は、その最終年度となります。

そこで、本年度の成果報告会では、多くの方々の貴重なご意見を拝聴し、九州大学における研究活動を社会への還元を目指した研究活動へ発展させる契機といたしたく、この 10年間の活動についてご報告いたします。また、この度は、科学技術振興機構 顧問・運営統括の相澤益男先生に「本格的産学連携で挑むイノベーション創出 ~九州大学・先端融合医療レドックスナビ研究拠点~」と題し、ご講演をいただけることとなりました。

ご多忙のところ恐縮ではございますが、何卒ご来臨賜りますようお願い申し上げます。

日時:2017年2月1日(水)9:00~17:00
会場:九州大学医学部百年講堂