ここから本文です

日本分析化学会第64年会特別シンポジウム(共催)

文部科学省イノベーションシステム整備事業 先端融合領域イノベーション創出拠点形成プログラム
九州大学先端融合医療レドックスナビ研究拠点 共催

日本分析化学会第64年会特別シンポジウム
【会期:9月9日(水)~11日(金)】

病態解明のための生体機能イメージング法の新展開」

          日時:2015年9月9日(水)14時~
          場所:九州大学伊都キャンパス

オーガナイザー
片山佳樹 九州大学大学院工学研究院 教授/
九州大学先端医療融合医療レドックスナビ研究拠点 拠点長
村田正治 九州大学先端医療融合医療レドックスナビ研究拠点 准教授

シンポジスト
浦野泰照:東大院薬・院医
「有機小分子蛍光プローブの精密開発による術中病変部位迅速可視化の実現」
向井英史:理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター
「PETを中心とした分子イメージングによる個体レベルでの病態解明と診断・創薬への展開」
村田正治:九大レドックスナビ研究拠点
「ナノカプセル型機能化造影剤による膵がんの高感度MRI分子イメージング」
兵藤文紀:九大レドックスナビ研究拠点
「磁気共鳴イメージングによる新たなレドックス代謝イメージング法の開発」
三浦大典:九大レドックスナビ研究拠点
「質量分析を用いた組織内代謝動態の可視化」

日本分析化学会特別シンポジウム